私が大人になってからの足元を飾ってきたスニーカー。
そのすべてを買ってきたショップ。

ファッションに疎い私が勧められるまま購入し。
なんとなく自分のツボを学ばせてもらってきたショップ。

毎日の日課として必ず更新チェックをしてきたショップ。
もちろん更新状況はコラムも一緒。

年間スニーカーランキングに自分のスニーカーが
いったい何足ランクインするかで一喜一憂してきたショップ。

昭和のプロレスをこよなく愛し
ストーリーのあるアスリートを心から応援し
いや、そんなことよりなにより
他のどこにもない唯一オンリーワンのスニーカー。
これにいつもドキドキさせてくれた
そんな青春のショップが閉店した。

閉店と言ってもただの閉店ではない「完全」閉店である。



そんな私の青春は、この店と共にすっかり冷めた。
この店があったからスニーカーに燃えることが出来たと思うし。
この店が富山にあったから思いも深まったんだと思う。

勝手ながら感謝しかない。

本当に楽しく、本当にワクワクさせてもらったものである。


そんなショップから購入した最後の一足は。。。
目の覚めるような青空。
29-1
自身初のコンバース。
これがまさか最後の一足になるなんて。笑
NIKEじゃないんか!



これを最後にスニーカー熱もひと休みだ。

痛恨だったのは閉店までに富山を訪れることが叶わなかったこと。
これだけはまだまだ悔やまれる。

BINGO WORKS ありがとう。
この店から買ったスニーカーは
これからもずっと大事にします。